「のぼりに頼りすぎてはいけない」と言われましたが?

のぼりの注目情報!これだけは知っておきたい

のぼりを作ったから客がくるというような簡単なものではなく、のぼりはオーナーの腕前や心意気のすべてが試されるツール。

新着おすすめ記事

「のぼりに頼りすぎてはいけない」と言われましたが?

派手なのぼりを作りさえすれば客が来るというのであれば、これほど楽なことはありません。

しかし製作にはオーナーの自慢と情熱のすべてを傾ける必要があります。

◎のぼりは“オーナーの情熱”が試されるツール。

のぼりを作り替えたからといって、即日効果が出るわけではありませんし、作り替えれば何とかなるというものでもありません。

しかしのぼりは、その店やイベント主催者の訴えたいことが凝縮されたツールです。

“頼る”ということではなく、小さなのぼりのスペースに、店やイベントのどんな魅力を載せていくか、そのためにどんなプランを練るべきか。

必然的に運営計画や戦略に入っていく、その試みが大事なのです。

◎小さな広告だからこそ、真剣に向き合わなければ通じない。

広告は大きな紙面になるほど作るのは簡単で、小さくなればなるほどむずかしいとされています。

それだけ絞り込まなければならないからです。

のぼりは、わずか1行のタイトルやキャッチで、往来の客に訴えかけるもの。

頼るどころか、必死になって店の特徴や新作の味をアピールしなければ、その思いは届きません。

ごまかしの利かない真剣勝負のツールです。

◎のぼりはどんな作り方をしても“オリジナル作品”ですが、大事なのはオリジナリティやデザイン性ではありません。

極端な言い方をすれば、メインの色を決めてキャッチフレーズとタイトル、それに画像を加えればのぼりは完成します。

デザインというよりも、そこに込められたオーナーの意気込みが客に伝わるかどうかです。

他の広告ツールでは、このようなスタンスで向き合うことはできません。