キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 既製デザインのぼりで他店と差別化することは可能ですか? : のぼりの注目情報!これだけは知っておきたい

既製デザインのぼりで他店と差別化することは可能ですか?

のぼりの注目情報!これだけは知っておきたい

既製デザインのぼりでも差別化は十分可能。むしろそのほうが“集客効果が高い”とも。プロのノウハウが集積されているからです。

新着おすすめ記事

既製デザインのぼりで他店と差別化することは可能ですか?

既製デザインのぼりでも差別化は十分可能です。

むしろデザインサンプルをうまく使ったほうが“集客効果が高い事例”が多くあります。

プロのノウハウを活用しましょう。

◎サンプルにどう手を加えてアレンジするかは原則的に自由。

既製デザインののぼりを使ってオリジナル化することは、いくらでも可能です。

のぼり店のサンプルにあるデザインは、そのまま使用しなければならないというものではありません。

それをベースにどう手を加えるかは自由です。

自分の思うようにアレンジすれば良いのです。

ただし タイトルの書体や文字数、のぼりのカラーなど、根こそぎ変えてしまっていいかはのぼり店によります。

◎のぼりのノウハウを集約させたデザインサンプルを活かす。

サンプルのレイアウトまでを替えてしまうと、ゼロからデザインするのと変わらなくなってしまうので、事前にのぼり店に相談してみてください。

デザインサンプルは、これまでの長い実績と経験から、プロが導き出した“目立つのぼりの究極”です。

それをベースにしたほうが集客効果は高い場合が多いのです。

またあまり多くの要素を追加することもおすすめではありません。

◎のぼりに入れる要素はあくまでもシンプルに、短く簡潔に。

通りすがりの客が識字できるのは、7文字~12文字です。

同じ立ち止まるのでも、“読み返すために立ち止まる”のでは意味がありません。

客にはのぼりの文字を読ませるのではなく、“見て分らせる長さ”が正解です。

立ち止まったときには、客の足が店の入り口に向いている。

そういうデザインが“いいのぼりの証拠”です。

長く書けばいいわけではありません。

▽少ない文字数でキャッシュレス決済をアピールするのぼり⇒【https://www.agara.co.jp/article/20532